もりかけと日大どちらが大事か?

Pocket

やはり日本のメディアは政治経済の重要な出来事より、エンターテイメントな話題が大好きなようです。

比較的まともなメディアがNHKしかないのは問題ではないでしょうか?

民法でやっている事件報道は日大ラグビー部の事ばかりです。

まあ視聴率が取れるのでしょうね? 確かに日本人(ひょっとすると中国や韓国もそうかもしれません)の深層心理に巣食う価値観を反映している事件で、大事ではないとはいいませんが、もっと重大な問題や出来事はいくつもあります。

北朝鮮の問題、日本の国債の問題、消費税等どんどん税金を上げるのが本質的によいのかどうか?という問題、中東問題、バルト3国やウクライナ等ロシアの侵略問題、イタリアの債務危機がかなり危険な状態になってきている問題、環境問題とエネルギー問題、宇宙の覇権争いの問題、日本の軍備の問題、もりかけ問題と本当に実績のある内閣だからとこのまま安倍内閣続行で日本はまともな国といえるのか?という問題、等など、 はっきりいって日大問題など足元にも及ばない重大な問題が山済みしているのあが現在なのです。あまり、ロシアや中東の事など話題にもされませんよね。これらは、日本人は関係ないと思っているかもしれないですが、そんなはずないのです。また、もりかけ問題は日大で完全にかすんでしまっています。もち日大問題がなければ、かなり安倍内閣はダメージをくらった出来事が先週ありましたが、取り扱いは信じられないくらい微々たるものでした。安倍首相の強運でしょうか?

第2次世界大戦に負けて以来、この国はアメリカや欧米の価値観に従うのみで、しっかりした議論をし、問題を国民全体で解決する土壌が育たない経済一流精神二流の国家であるままな気がします。上があてにならないのなら、40歳代以下の人間がそろそろ目覚めてもいいような気がします。昔の学生運動のような負けるのが前提のような駄々こねではなく、しっかり値の張った活動をしていかないといけませんね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大