錦織圭全仏オープンベスト16

Pocket

錦織圭の全仏オープンの試合を見ている。

今日の相手は元世界ランキング6位のシモンだ。

怪我をする前より、パワーが上がっている気がするのは気のせいだろうか?世界一といわれたバックハンドに加えてフォアがなんだかいい。ナダルみたいだ。

はやくトップ5に復帰してほしいし、今日の出来だとそれも案外早いのかもしれないと感じる。

思えば、テニスで世界ランキング4位以内などとんでも無い事だ。

野球やサッカーはポジションが多く、1チームに何人もいるため、別に世界のトップ10でなくても世界一のチームのレギュラーになれる。そもそも個人の能力をランキングはできない種目だ。柔道や、ボクシング等階級制がある種目は体重のランク分けの範囲内で1位になればよい。テニスはそういう階級制もなく、競技人口も多い。すべての選手が同じ条件での争いだ。その中でベスト4となると、サッカーでいえば、メッシとC・ロナウドの次ぐらいの扱いだ、そう考えると彼はとんでもない実力の持ち主だと感じる。彼は日本人としては大きいが、トップ10のテニスプレイヤーの中では一回り体格が小さい。怪我をする前は、彼が決勝や準決勝ぐらいになると、パフォーマンスが落ちていた。たぶん、体格差からそこに至るまでに少しずつ他のトップ10の選手より無理をしているのではないだろうか?なんとなく、今回の怪我復帰後はパワーに余裕を感じる。怪我をしている間に筋力アップを果たしたのだろうか?もしそうなら、準決勝、決勝に行った時の体力が温存されている可能性がある。

是非、一度は4大大会で優勝してほしいものだ。

今、シモンに勝った。ベスト16の試合も応援したい。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大