人口が減っても経済成長できると言う人もいますが…

Pocket

人口が減少してもGDPは増えているから問題は人口減少ではないという論調もあります。例えば最近では東洋経済のこの記事。

https://toyokeizai.net/articles/-/222706?page=3

イノベーションがあれば人口減少は問題ではないとも取れかねない内容ですね。

イノベーションが大事だと言うのは同意します。人口が伸びなくてもGDPは伸びうるというのも同意します。しかし、だからと言って人口問題が経済にマイナスでないはずがないんです。GDPはたしかにまだ伸びてますが、人口増加が頭打ちになっただけでこれです。明らかに減少に移った時に国力を保てるでしょうか? 世界のインフレ率も考慮していませんね。米国なんかはまだ年間2-3%成長しているのです。世界はもっと成長しています。相対的に日本はどんどん弱体化しているのです。「いやー、日本はまだまだ大丈夫だよ」などと悠長なことを言っている段階では無いのです。

はっきり言って人口が減少すれば国力は絶対に落ちます。人口は増加しなくてもいいですがある程度の規模を保たないと国力の維持は難しくなります。世界的に不利な立場になりますので、イノベーションも当然起きにくくなります。少数精鋭で他国を圧倒するイノベーションを起こすというタスクを将来に無責任に課すべきではありません。日本人が他の人種より優秀だとかナイーブに信じているのでしょうか?

また、より悪いのが、少子高齢化です。もう生産性のない高齢者を本人も幸せなのかどうかわからない医療で無理やりさらに長生きさせ、これから子供を作って社会に貢献しようという若手にどんどん負担を負わせて平気な社会に活力が生まれようはずがないです。生活にカツカツで良いイノベーションなどたくさん起こるでしょうか?イノベーションを起こせば良いなど誰でもわかることはですが、その生活の下地がないと米国、中国、インドなどに対抗できようもないです。

現状打破は簡単ではないと思いますし、人口減少は気にせずイノベーションを起こせというのはちょっと理解ができません。

結局限られた予算をどう配分してイノベーションを促進するのか?という話になるのです。

日本政府の国家予算は主に

医療と介護、少子高齢化対策と教育: 対策不十分、イノベーション促進、公共設備の維持

に使用されています。

もっとも有効な将来の投資になる出費、後回しにすると取り返しがつかなくなる課題はどれでしょうね?

物事には順番があると思うのです

過去より将来が大事

これは、国家にとって、自分の子供や孫に責任を持とうとするのですあれば、絶対事項でないといけません。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大