りそなのファンドラップ

Pocket

りそなのファンドラップがWBSで昨日紹介されていました。

手数料が利益が出たときのみにかかるという設定で、有望な投資先として紹介されていました。

色々意見があるでしょうが、「利益が出たときだけ手数料がかかるって良心的じゃん!」と喜んで、私が投資するかというと、現状では絶対にしません。

理由はあまりにも手数料が高すぎる事と、普通に投資していれば絶対に利益は出るからです。

まず手数料ですが、投資信託に投資する場合は、投資信託の信託報酬+種々の手数料がかかります。現在ノーロードの投信の主力となるような投信の信託報酬は、先進国株式型で0.2%前後です。詳細な実質手数料は以下のサイトが参考になります。

http://longinv.blog103.fc2.com/blog-entry-1775.html

実質コストで、基本的に1%を超える手数料はかなり高額な手数料だとわかりますね。

さて、りそなのファンドラップですが、ラップ口座で投資する場合、投資するファンドの手数料に加えてラップ口座の管理手数料が上乗せされます。

さて、りそなのファンドラップのHPを見てみますと、負担する手数料は以下のように書かれています。分かりやすく箇条書きにします。

<直接的にご負担いただく費用>

投資顧問報酬

●りそなファンドラップには固定報酬と成功報酬の2種類があり選ぶことができる。

1)固定報酬型: 運用資産の時価評価額に上限年率1.2960%を乗じたものを支払う

2)成功報酬型: 運用成果の額に10.8%を乗じる

●りそなファンドラップ(ウェルカムプラン)には次の報酬が発生する:年1回の決算日に超過収益の額に32.4%を乗じた額

<間接的にご負担いただく費用>

●投資信託に係る信託報酬

ファンドラップスタンダードコースでは年率0.27%~0.648%

りそなファンドラッププレミアムコースでは年率0.324%~1.6345%(変動あり)

りそなファンドラップ(ウェルカムプラン)では年率0.27%~0.432%。

●専用投信およびその投資対象となる他の投資信託の監査報酬等の費用が発生(運用で変動)

となります。

関節的に負担いただく費用は、普通の投資信託に投資した場合にかかる費用と同じようなものですね。結構幅があります。直接ご負担いただく費用というのが、ラップ口座だから負担が必要な費用です。固定型で1.296%かならず費用を負担しないといけないので、自分でノーロード投信を組み合わせて投資する場合と比べると、かなり高額な手数料です。成功報酬型だと、10%利益がでたら1.08%取られるということです。かなり高額ですね。ウェルカムプランは超過収益の32.4%です。投資信託の事を勉強していたら、ちょっと受け入れがたい割合です。あまりに手数料が高いので、自分で投信を組み合わせて全世界積み立て投資を行った方がはるかに効率がよいと思うのです。複利を考えるとその差はかなりの額になる事が予想されます。

勉強が面倒くさい人もいるでしょうから、どう考えるかは個人の自由ですが、すくなくとも私には当分投資対象にならないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大