片山晋呉プロがなぜプロアマでアマチュアゴルファーを怒らせたのか?

Pocket

プロゴルファー片山晋呉選手のプロアマでの態度が物議を醸しだしています。

当初の情報では、片山選手が自分の練習を優先していた。ポケットに手を突っ込んで応対していた。といった事が報道されていました。ただ前者は今までも他の選手もやっていたことですし、ポケットに手を突っ込んで話てダメというのはどう感じるかは人によると思います。私なら、声のトーンや表情がフレンドリーなら全く気にならない類の事で、それは単なる価値観の違いやろと思います。そういう事にうるさい人も、さらに昔の人にとっては至らない点がたくさんあるはずなのでお互い様じゃんというのが私のかんがえです。もし干支が一回り上の人間の礼儀の価値観を皆が踏襲できていれば、いまでの紋付はかまで、上の人間には平服、目を合わせたら手打ちですね。そうじゃないのは各時代で礼儀の価値観が変わって、社会がやむなくそれを容認してきたからなので、私にとってはポケットに手を突っ込んで話しただけで帰る人間とは付き合いたくありませんし、お互い付き合う必要がないでしょう。やはりその裏にある態度が一番重要だと思うのですが、そこに言及する報道はまったくありませんので、支離滅裂な感じもします。帰ったアマチュアゴルファーの方も、色々思う事があって楽しみにしていたイベントを途中で切り上げて帰ったわけで、よくよくの理由があったものと推測されます。そういう点を考えずに、立証のない報道はやめてほしいものです。

何をそんなに怒ったのか?

どうもプロアマというのは、プロゴルファーがゲストをおもてなしする場という定義はもともとあるようです。ただ、多くの選手が慣例的にプロアマで練習を行っているのも事実だとのこと。しかし、最近の男子ゴルフツアーの人気の凋落にストップをかけようと、今年は特に新選手会長となった石川遼選手が、プロアマを重要視し、“ゲストファースト”という指針を打ち出していたとの事。それなのにというのがバックグラウンドの背景にあったようです。

それならば、かなり納得がいきます。 そんな方針を打ち出しているのに、練習を従来通りされたりしたら、全然変わる気ないのかよ! というのがゴルフファンの気持ちでしょう。もう応援やめようかな? という気になります。練習は一切せずにゲストのラインを読んだり、技術指導を行ってやはりアマチュアにプロの違いを見せて感銘をうけさせないといけません。練習熱心なのは結構ですが、練習とスポンサーやファンへのお礼の場はしっかりけじめをつけるべきでしょう。

ただ、まだまだ本当に怒った方の気持ちが深くは想像できません。いったいどういう態度で接していたのか?そんなにひどいものだったのか?具体的に今後の発表を待ちたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大