Long と Short 理解してますか?

Pocket

さて老婆心かもしれないですが、ロングポジションとショートポジションの使い分けがきっちりしていない人がちらほら見受けられます。

トレードする上で大変重要な概念ですので、ブログで基本を述べて周知のしたいと思います。 多くのベテラン投資家はそんなんあたりまえじゃんというレベルの話ですのでご了承ください。

ロングを買い、ショートを売りと単純に思っている人がいると思いますが、違います。

長くそのポジションをもって損失が発生しないか利益が出るのがロングで、長く持てば損失が発生するのがショートです。

株の取引では買いで持てば損失は発生しないし、配当があれば配当益が発生するので株価が同じならば儲かります。長期に保有してメリットがあるのでロングポジションです。一方信用取引の売りだと各種手数料で持っているだけでどんどんマイナスになり同じ値段で売ってもマイナスです。こんな状態だと損失が出た時に塩漬けなどできないですよね? よってショートポジションとなります。

FXなら買いでスワップがつくこともあれば、売りでスワップがつくこともあります。売りで長期保有で同じ値段でで売ったとして利益が出るならそれはロングポジションです。

ショートポジションのエントリーは短期で決済しないといけないのです塩漬け不可能です。よくよく考えてエントリーしてください。

ただ日経先物など大きく稼げるのはショートであることが多いです。一定の形のチャートを取ります。気合いを入れていい形の時はショートポジションを取れるようになりたいものです。

私はFXのロングが得意です。気が楽で失敗しないんですよね。

ロングとショートの正しい違い。知らなかった人は意識したトレードプランを立ててくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大