税の三原則から日本の進むべき道を思う

Pocket

税金制度というのは国の根幹です。

みんなで相互に補助し合いましょう。

みなさんのために国を良くする作業をしてくれる公務員を雇わないといけないし、インフラも整備しないといけないので最低限のお金を稼ぎに応じて出してくださいね。

というのが税金です。いわば、日本国に住んでサービスを受けるための会費ですね。

そう考えると 社会保険料も言い方を変えた税金なんです。よってあなたの所得税、住民税に加えて、社会保険料という税金がかけられているのです。なぜこれを社会保険税と言わないのか? 意図的なものを感じてしまいますね。さらに消費税、自動車税、固定資産税、不動産取得税、各種印紙代、登録免許税、入湯税、タバコ税などなど至る所で税金は取られています。

制度を作るにあたり、税の三原則という、よい税制の指針があります。

公平、中立、簡素 です。

公平: 何をもって公平というのか? よくわかりませんが、現在の累進課税制度は儲ければ儲けるほど税率は高くなりますね。これは社会の格差を修正する上でも大事なことです。日本は低所得者の実効税率は主要先進国で最も低いレベルで、高額所得者には最も高いレベルの実効税率となっています。では、高額所得者は儲けに応じた税金を払っているのでしょうか? 答えは大金持ちになればなるほど、No ですね。法人を利用する。外国に住居を移す等で実はむしろ税金を払っていないことすらあります。抜け道がいっぱいあるのですね。高額所得者は先進国でもトップクラスの税金を課せられますから、日本の高額所得者は必死で抜け道を探します。合法的なら文句はないですから。また、現在高額所得者が日本国籍で得をする条件は一切ないのではないでしょうか? 医療も浮いた税金です外国でも効果がある保険を買えばいいですし、安全も良い場所に住めばかなり担保されます。累進課税はある程度は必要でしょうが度がすぎると国力を弱めますね。高額所得者が逃げてしまうのは不公平感が強いと考えてのことなのでしょう。国外に逃げるのは手間もコストもかかりますし、住みなれた国から出て行くストレスもありますが、それでも出て行くわけですから。また消費税は逆に低所得者へのダメージが大きい悪税ですね。これは弱いものいじめの税金です。税務処理が複雑で維持するコストもバカにならないですね。それには税金が投入されさらに税金を徴収するという馬鹿げた話になっています。必需品の消費税は低くするとか言ってますが、益々複雑怪奇な税制になりますね。色々国がシステム構築にお金をかけるのでしょうね。人手も必要でしょうね。誰が得している税制なのかはわかりますよね?どうも公平とは程遠いのが日本の税制の様です。社会保険料は若い人ほど負担が重いですね。不公平の代表ですが、税金として認識されないのでいいのでしょうか?

中立: 公平と被る概念のような気がしますが、誰かに対して特別扱いしないということでしょうか? しかし、税制をしっかり特別扱いなく中立に運用したいのですあれば、税理士に高額なお金を払ってアドバイスを受けることによってようやく最適な税金額がわかるような税制では、お金持ちだけが的確に税制を運用できることになりますね。複雑であるという時点で中立ではないと思います。アマゾンとか税金払ってないですよね?これ許していていいのでしょうか?

簡素: もう言うまでもなく複雑怪奇な税制ですから税理士という職業があるんですね。消費税は簡素から程遠い税金です。

どの国も似たような状況なのでしょうが? 税制は国民の為ではなく管理する側の都合で作られているのかもしれませんね。複雑な方が公務員の仕事も増えますし。ちょっと増やしてみ気づかないですね。昔は子供一人あたりに32万円に控除があったんです。子供手当とかやるぐらいなら控除を復活させるだけで手取り収入が子持ち家庭は上がるんですけどね。変なシステム構築も手続きもいりませんよ。

税の三原則って、なんなんでしょうね?

もはや掛け声だけの物なので、財務省等ホームページにも掲載されているのも虚しいものに思われます。

一番実現して欲しいのは、

簡素 ですかね?

簡素で一番公平で中立を維持しやすい税制は緩やかな累進課税でしょうか? 子供の人数に応じた控除はもっとあっていいのでは?一人100万とか控除すれば、4人産めば400万円まで無税ですよ。

税制を簡素にし、法人税を減税して企業を誘致し、移民を受け入れ、子供控除は増やし、人口減少に歯止めをかければ嫌でもインフレになります。給与が上がれば同じ税率でも税収は上がります。さらに日本で稼いだ分は日本で税金を納めてもらう税制に変えればいいだけだと思うのですが…

まあ それをすると公務員は削減、税理士も仕事が無くなりますね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大




大阪で地震がありました

Pocket

大阪で震度6弱の地震がありました。

今のところ大きな被害の報道はないのですが大丈夫でしょうか?

私は不動産投資をしていますが、地震というのは大きなリスクです。

私は岡山市を中心に投資しています。岡山での不動産投資で良いところは需要が比較的安定していることと大きな地震のリスクが低い事です。実は岡山市は活断層が見つかっていない唯一の政令指定都市なんですね。まあ政令指定都市といっても規模としては70万都市なのでギリギリ政令指定都市なのですが… 地方都市感は満載ですね。大きな直下型地震の記録も歴史上ないはずで地震のリスクが低いのはとても良いことだと思います。

とはいえ、地震保険にはしっかり入っています。地震保険で問題なのは、火災保険の半分の額しか保証されないことですね。しかし最近は地震保険も火災保険と同額かけることができるオプションもあったりします。保険は必要コストと思ってフルカバーでかけることを基本方針としています。築古に投資する際はしっかりトラブル時に随時保険が効くかどうか検討して行くと、ある程度は元を取れるので、保険は常にフルカバーの方がお得なのではないかと考えています。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大