EV自動車は本当にエコなのか?

Pocket

電気自動車(EV)がガソリン自動車にとって代わろうとしています。

本当にEVはガソリン自動車よりエコなのでしょうか?

EV車は走っているときは二酸化炭素等有害ガスを出しませんが、その使用する電力は発電の際にCO2や有毒ガスがでます。ただし、ガソリン車の場合は、動くエネルギーの源は全て化石燃料ですが、EV車の場合はその電力は化石燃料だけでなく、原子力や再生エネルギーも含まれています。エネルギーを移す際のロスがあるとしても、走行に関してはやはりEV車の方が少しエコなようです。

参照: http://blog.evsmart.net/electric-vehicles/electric-vehicle-eco/

しかし、化石燃料使用料が少し減るという程度で、どうも一般の人が思うほど効果的ではないようですね。街中の空気をきれいにする効果はかなりあるように思いますが、地球全体レベルでどうだか?という感じです。原発が稼働していない日本では効果のほどは乏しい様にも思えますね。

EV車の走行時は少しエコであると言っていいようですが、生産時と廃棄時はどうなのでしょうか?バッテリーが大きな問題になることが指摘されています。電気自動車の生産時のCO2排出量はガソリン自動車の2倍ともいわれています。それらの負荷が走行時の削減を帳消しにしてしまうという専門家もいます。また、バッテリーの廃棄は非常に大変で、各国がいい加減な対処をすると取り返しのつかない環境汚染を引き起こし、それがガソリン車が起こす環境破壊より深刻になる恐れもあります。

そこで、重要になってくるのが、バッテリーのリユースです。バッテリーのリユースがうまくいくと次の車の生産コストが下がりますし、環境負荷も小さくなります。EV車が環境にやさしくなるためのキーはバッテリーの処理にかかっているようです。

当然業界もそれに気づいているので様々な試みが検討されています。バッテリーのリユース業界はこれから爆発的に大きくなる可能性があります。また関連銘柄を調べたらブログに掲載しますね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大