新興国の不動産市場から資金が引き上げています

Pocket

toushin 300x151 - 新興国の不動産市場から資金が引き上げています

私は、投資信託で先進国株、先進国中小型株、先進国債権(為替ヘッジ70%)、先進国REIT、新興国債権、新興国REIT、日本REITに分散投資しています。

ほぼすべてのアセットを網羅している状態ですね。こういう状態ですと、マネーの動きがよくわかることがあります。現在は株高で株式が順調なのですが、こういう時はたいていREITも順調に伸びるものです。しかし、意外なことに新興国REITが絶不調です。同じ時期から積み立てているのですが、新興国REITだけマイナス14%と大きくマイナスとなっています。おそらく米国の金利が上昇し、新興国からマネーが逃げているのですが、流動性の高い株式よりも流動性が低く、融資でレバレッジを聞かせている不動産から今のうちにマネーを退避させている動きがかなり出てきているものと考えられます。また、利率があがると債券価格は減少しますので、債券もマイナスに最近はなっております。

米国は絶好調で、バブルまっただなかですが、金利上昇の影響は着実に世界に出てきていることを示唆しています。通常金利が上がり続けると景気は冷えます。冷やしすぎると、バブルがはじけて不況に陥ります。なかなかこのさじ加減はうまくいかないことが多いです。おそらく自国だけを見がちだからだと思います。新興国の不動産市場の冷え込みが引き金で、今年、来年あたりから景気は調整段階にはいるかもしれませんね。バブルがはじけるという形をとると、大きな損失がでますが、その場合は、一部売りで損失を回収し、かつ下がりきったところで買いの大チャンスです。長期投資家は下げようが、上げようがどっちに転んでもそれなりにハッピーですね。

日本株は現在はトレードを楽しんでいます。買ったり負けたりが激しく、250万円で初め、一時180万円まで目減りしましたが、最近ようやく勝ち方を覚えてきましたので230万円まで今年は復活してきました。はやくプラテンして、ブログに日本株のトレードの記事も増やしたいですね。

債権の積み立ては、現在は欧州と日本の金利は0%であり、貯金+α程度しか意味がないのではないかと考え始めています。為替ヘッジしていると外貨獲得の意味もないし・・・  為替ヘッジは外すか、債券自体積み立てをやめて、株式オンリーで積み立てることも検討中です。

債権積み立てをやめるなら、利益のないうちに精算してしまってもいいですね。その場合、どこに投資するか、株も仮想通貨も今一今は魅力うすいです。FXの資金にしてそろそろFXで年間の食費ぐらいは稼ぐことをめざそうかな?とも考えています。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大