HPのタイトルを変更しました!

Pocket

Flower 2 300x200 - HPのタイトルを変更しました!

ブログのタイトルを変更しました。

新しいタイトルは

「ファイナンシャルリテラシーを無料で勉強できるサイト:所得格差を減らしたい!」 です

日本人はファイナンシャルリテラシーが欧米人や中国人や台湾人のそれと比べて大幅に足りない人が多いと思います。

未だに投資といえば、胡散臭いとか、ギャンブルといったイメージを持っている人が多いと思います。あまり投資の話など、友達と普通に話せる環境にはないですね。

不動産投資なんて、やってるなんて言おうものなら、「こいつやばい奴だ、破産したな」などといった雰囲気で白眼視されますので、とても職場で不動産投資やっているなんて言えないですね・・・

こいいう状況はおかしいと思うのです。

不動産投資など、私は年収の15倍ぐらいの融資を受けていますが、あまり危険を感じません。

きちんと勉強すれば、いろいろ経費にできるし、インフレヘッジになるし、銀行や工務店や不動産業者などと仲良くなって世界が広がるし、税金にも詳しくなるし、社会の動きにも敏感になります。

証券投資もきっちり基本をまもって積み立てれば、30年後に負ける方が難しいです。何故なら世界経済は膨張するしかないからです。世界経済はトータルではインフレになるしかないからです。

片や、多くの人がせっせと貯金に精を出しています。日本円は確かに安定資産ですが、増える事はありません。また、安定資産だったという過去形になる可能性が出てきています。日銀がやっていることはもはや一か八かのギャンブルです。本当にやばい領域に足を踏み入れてしまっているので、最悪2020年~2030年代に国家財政破綻、ハイパーインフレが発生しても全く驚かないです。日銀はもはや0%近辺に金利を張り付ける以外に財政破綻を免れる手段が今のところありません。唯一の逃げ道は、2%以上できたら3%以上の経済成長を実現し、適度なインフレを起こし、税収を増やして行く事です。とても日本の人口減少社会では実現できない、すでにあきらめているので、先日の骨太の方針で事実上の移民解禁で人口減少を補おうとしているのです。移民にきてもらって税金を納めてもらい、内需を作ってもらい、税収を増やそうという狙いです。移民を受け入れれば、治安や、所得格差の問題、日本人の職が奪われる懸念がありますが、そんなことはもはや言ってられないというのが政府の見解なのです。相当あせっていると言えます。もう移民受け入れしか選択肢がないからしぶしぶ初めていることなのです。世の中で発生していることはその裏を読まなくてはなりません。

事実上の移民政策解禁で日本の国家財政破綻は免れるかもしれません。しかし、どの程度日本の国力増強につながるかは未知数です。少なくとも、日本のインフレ率が、世界の先進国インフレ率と同等ぐらいになってくれないと、日本の国力は落ちる一方です。日本だけデフレだと日本の国民は給料は上がらないのに、輸入に頼る商品の値段は上昇するため、昔に日本人が東南アジアやインドにいって、「安いなー」と豪遊していたのと、逆の立場になるでしょう。要は世界の中で貧しい国になり果ててしまう可能性があるのです。このままいけば、次の不況では日銀は有効な金融緩和処置はとれません。そうすると、経済危機からの回復は日本だけ異常に遅れることになります。その間に日本は米国や中国に差をつけられ、新興国には追い付かれ追い抜かれます。経済危機のたびにそれを繰り返していたら、いずれ破たんします。

現在、日本は意地でも経済成長を再ブーストさせないといけない崖っぷちです。そうでなければどこかで国家デフォルト、日本円は紙くずになるでしょう。そうなっても困らないようにファイナンシャルリテラシーを付けなくてはなりません。また、世界のインフレで自分の資産の目減りを減らす努力をしなくてはなりません。

私は、この事実に気が付いてから、多くの本を読んで、いくつかは有料のセミナー、教材なども買いながら、独学で投資理論を構築してきました。

何故投資は「しないといけない」のか? このサイトではその何故? に答えていくとともに、株式、FX、仮想通貨、不動産、先物 などの投資、トレード手法を無料で公開していきます。格差をなくしたいとおもっているので、決して有料の教材などは作成しません。一生、そんな事はしないと思います。各種チェックリストなども公開します。ただ、懇切丁寧な解説などはつけません。しかし、ベースとなる基礎知識やチェックリストがあれば何を勉強すればよいのかがわかるはずです。わたしも、誰か一人からすべてを学ぶというわけではありません。色々な情報を集めて、それをまとめていくと一つの手法が構築されていくのです。正解は一つではありません。いろいろなヒントをちりばめていきますので、時々チェックしていただければと思います。

最後に投資は自己責任でよろしくお願いいたします。このサイトが、皆様の人生に役に立つことを祈ります。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大