買付余力について

Pocket

Crisis 1 300x169 - 買付余力について

私は2001年頃から株式投資を始めましたが、ITバブルで一時は利益が出て資金が倍になりましたが、その後のクラッシュで全ての利益を吐き出し、ちょっと損失が出たところで株式投資をやめました。

投資というよりはトレードでした。選んだ銘柄はその後何十倍にもなったりしていたのでその頃から銘柄選びは結構まとも? でした。

最も潰れないならほとんどの銘柄で利益は出るので、確たる事は言えませんが…

その後10年近く株式投資は行なっていませんでした。

2年ほど前でしょうか? 株式投資用資金を250万準備し、それで株式投資を再開することにしました。

今思うと売買タイミングが致命的に悪く、今年初めには190万円を切るところまで損失が膨らんでいました。

FXを初めたところ、チャートが素直な為替は相性が良く、コンスタントに利益が出せるようになり、それを応用すると、株式でも利益がコンスタントに出るようになって来ました。現在あ資金は238万円まで戻りましたので、ようやくスタートラインに戻りそうな感じです。

基本的に下げて上がりそうになった時に買い始める事と、資金を分割投入する事が重要で、成長が見込め、割安であればまず勝てることがわかって来ました。

現在は

3415 東京ベース

3742 IT BOOK

6062 チャームケア

7915 NISSHA

に投資しています。

東京ベース、NISSHA は現在よりもう少し下げるかもしれないです。 IT BOOKとチャームケアは 横ばい。次に上がり出すのがどっちかな? という状況と私は考えています。

東京ベースはコツコツ積み立てていいます。ここは経営者がやり手でアパレル業界の新しい波を作りつつありますので、長期的に有望と考えています。

NISSHA はアップル向けの液晶などが主力ですが、アップルの業績不振の影響を受けるのかどうか? 明確でなく、話題も好きないので買いましせずに様子を見ている状態です。上昇が明らかになった時に第2、第3段の買いを入れようと考えています。

チャームケアは介護関連の雄で業績は手堅いです。

IT BOOKは国策銘柄ですのでこちらも底値と思える位置で買うのは非常に重要と思います。

今は中期的には日経平均は徐々に上値を切り下げて来ています。判定サインで追加購入したいものです。

購入するためには買付余力が必要です。

ある程度の資金を現金で待機させなくてはいけません。どいするかというと、ある程度利益が出た時に、高値圏に日経やTOPIX があると判断される場合は一部利益確定し現金を準備しておくのです。

私は先日シェアリングテクノロジーで10万超える利益確定を行いました。もう少し上がるかもとは思いましたが、現金化し次の買い場に備えた訳です。

現在日本株は100万ほどしか持っておらず、その半分が東京ベースです

東京ベースはもっと積立ていこうと考えています、

最近は割高でいい購入対象株式がない印象ですね

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大