佐野 太 ふざけるな!!

Pocket

Oppose 300x232 - 佐野 太 ふざけるな!!

文科省現役局長の佐野太が逮捕された。

東京医科大学に補助金の便宜を図る代わりに自分の息子の点数を水増しし、入学させたとの容疑です。

裁判で有罪にならない限り、決め付けはいけませんが、さすがに冤罪の可能性は高い事件ですので本当なのでしょう。

とうでもない事件だと思いませんか?

補助金というのは当然我々の税金からでているお金です。それを私にして、自分の息子の入学便宜を図るなど普通の感覚、倫理観を持つ人間には到底できない事です。

時期次官の候補という事ですが、やはりお勉強や事務作業ができて優秀というのと、人のリーダーとして優秀というのは全く違うようです。

私は個人的経験では、尊敬できる上司や先生というのは片手で数えれる程度にしかいませんでしたから、やはりこの国の上層部というのは基本、せこい、当たり前の事を当たり前にできない、リーダーシップがない、下に威張って上に従順、自分勝手、自分で構築された価値観・倫理観というものがない、主体性が無い、新しいことが嫌いという人間があまりに多いように思います。普段語る言葉も薄い・・説得力がない・・ ちなみに少数の尊敬できる人は、出世していない人ばかりですね。我が道をいって、確固たる自分があります。例えば、小学校の先生なら、教頭。校長にはなっていない、PTAには嫌われているといった感じの人でした。生徒には抜群に人気がありましたし、生徒の行動を変える、価値観を変えるような人でしたが、そういう人は日本社会は嫌いな様です。

この、優秀な次官候補、はリスク管理もできないぼんくらという事がいえます。

動機となりえる事象があるのか? こういう自分の人生を台無しにするリスクをとる価値があるかどうか?上げてみようと思います。

東京医科大というのは是が非でも入らないというような医学部ではありません。中堅どころです。という事は、医学部に入りたいなら、ちょっとレベルを落とせば、入る事はさほど難しくはありません。すごいReputationがある医学部でもありません。また、東京医科大学は何千万円も学費がかかります。少しレベルの低い国立に行った方が、リーズナブルです。また、医者になってしまえば、有名大学の教授になるなら学閥が重要ですが、医師免許さえとってしまえばあまり出身大学は関係ありません。基本地方は医師不足ですから、卒業大学よりいい大学の医局に入る事も比較的簡単ですし、職に困る事も当分はないと思われます。2030年には医師が過剰になり始めるといいますが、東京医科大学が医師過剰時代に強みを持てるほどの大学とは思えません。受験に落ちたのであれば、1年浪人させて、少しレベルを落として受験させればどこかに通るものと思われます。東京医科の医学部に行かせるぐらいですからお金には困ってないでしょうから財務上の理由もありません。

以上の事実を考えると、法律を破ってまで、自分の子供を東京医科大学の医学部に入れる必要性を全く感じません。一体なにを考えているのでしょうか?

子供を医学部に今年入れたいという単なる、わがままです。

また、人の税金で仕事をしている自覚もありません。

要は、最高に自分勝手な人間だということで、こんな人間に次官になってもらわなくてよかったと思います。

二度と、この人に税金からは給料が出ないようにしてほしいものです。

こんなことをされて、消費税増税とか、配偶者控除削減とか、相続税増税とか、社会保険料アップとか、耐え続ける国民性はどうにかしないといけない気がします。ないものは無い、できないものはできないというのは、日本の社会保障制度、医療制度を含めた財務コントロールにも通じるものがあります。こういう無い物ねだりが、どんどん国を危険な状態に陥れていくのであり、それはそういう事が平気な人間が上に立つ割合が圧倒的に大きいからなのだろうなと思います。

リスク管理というのは、投資にも、リーダーシップにも非常に重要なものですね。

本当に税金を払うのがばかばかしくなる事件でしたね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大