今週の展望(2018年7月第2週)

Pocket

f6d3075c2c5642fe1b1909778ec1dcda 300x225 - 今週の展望(2018年7月第2週)

私は週足メインのトレンド判断、エントリーは日足、4時間足、(時に1時間足)です。

日経平均: 完全に売り転換しています。米国と中国が関税戦争をおっぱじめました。世界的な報復関税の応酬が確実視されており、20000円を試す展開になりかねません。ただ、現状での日本企業の稼ぐ力は上場で、関税の影響がなければ25000円ぐらいにはなってもおかしくないのですが、輸出コストの増加で下方修正を強いられると、EPSが下がり、相当な下げ相場になる可能性もあります。結局誰も勝者にならない可能性がある困った状態です。こういう状態のときは、個別株の損失をなるべく補てんする意味で売りエントリーを常に準備しておくことだと思います。

米ドル円: 売りトレンド継続です。このまま、上昇、もしくは110円前後で横ばいが続けば、円安転換となります。現時点で強い下げサインが出ない限りエントリーは考えていません。円安で関税の影響を少しでも薄めてくれると日経平均にもよい影響をあたえると思います。

ユーロ円:売り継続です。戻し売りエントリーが基本です。ただ、日足はとうぶんの戻しを示唆しており、明確な反転サインがないとなかなかエントリーできません。

ユーロドル: 売り継続です。戻し売りでエントリーですね。1.15あたりが下値めど。抜けると底抜けになる可能性もありましたが、現在は戻している途中なので、反転で売りエントリーですね。

ポンド円:売り継続です。戻し売り主体です。自動売買はポンド円で行っています。

ポンドドル:売り継続です。ユーロドルでなければ、ポンドドルの戻し売りを主力にしてもよいですね。こちらはユーロ円より戻りが悪いですね。私はポンド円の売り狙いを主力で行こうと考えています。

豪ドル円:売り継続ですがダブルボトムにも見えます・83.5円を超えるなら本格的に買い相場となりますがまだ先のようです。短期的にも82.3円をこえてくるなら打診買いもありですね。

豪ドルドル:売りです。戻し売りめいんですね。

先週から日経先物が動きが出て面白くなってきています。大きな売り相場には乗りたいところですね。

投資は自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大