政府の破たんは起きないだろうが、ハイパーインフレは起こりうる

Pocket

End of days 1 300x157 - 政府の破たんは起きないだろうが、ハイパーインフレは起こりうる

日本債務は対GDP比で200%を超えており、先進国の中で断トツの1位です。

政府が破綻しないのは 日銀がお金を擦り続けているから(日銀当座預金を増やし続けているから)です。国の税収は50兆円、国の支出は100兆円です。50兆円を国債で賄っています。(地方の税収と支出は別です)

年に30兆円弱程国の借金は積みあがっています。

対GDP火での表現がいいのかどうかはわかりませんが、借金が国の売り上げが伸びないのにどんどん借金が積みあがっていく構図はよくありません。

政府の破たんが問題とされますが、正確には政府は破たんしません。国債をいっぱいすれば借金は返せるからです。問題は、たくさん国債をすると、円が暴落して、物価が急上昇します。円が暴落しない限りは、借金を増やし続けても今の様な状態が続くものと思われ、国民に実感はないでしょう。しかし、円が暴落するしないは、国ではコントロールできません。マーケットが決めます。現在どんどん日本の世界マーケットにおける影響力は弱まっており、日本に抗うすべはないものと思います。マーケットが日本の借金は行き過ぎで、国力は低下する「だろう」 という意見が優勢をしめるだけで、円は暴落します。円が200円程度に暴落するだけなら、インフレで国民は困るでしょうが、輸出には有利になるため案外ソフトに借金帳消しができるかもしれません。しかし、そのような状態になった場合、まず確実に金利が上がります。日本政府に信用がない(円を持ち続けてもインフレで紙くずになるかもしれない)ということになると、高金利でもだれも国債を買ってくれる人がいなくなり、どんどん国債の金利があがります。そうなると、日本政府は予算を成立させることができなくなります。

いやいやそれでも、国債を刷りまくって全部日銀が買えばいいんだよという人もいます。しかし、日銀が国債を引き受けると、日銀は高い金利を払わないといけなくなり金が回らなくなります。そうなると、日本円の信認はさらに暴落し、円がさらに下がります。ハイパーインフレになります。おそらく、国民もドルや仮想通貨に円を変えようと殺到するでしょう。

よって、このままの状態で借金を続けても政府は破たんはしませんが、マーケットの信認が無くなったが最後、ハイパーインフレになります。マーケットの信認がすべてなのです。マーケットの信認を保つためにも、対GDP比が増えない程度に借金はすくなくとも抑えないといけません。安全域をもとうとするならば、プライマリーバランスを0にしないといけません。プライマリーバランスが0ならば、GDPさえ少しずつ増えれば対GDP比は減り、マーケットの信認をつなぎとめやすくなります。

また、現在の日銀の異次元緩和はいままでの金融の常識をやぶった方法です、世界中の経済学者が結末に注目しています。「どうも、失敗だったようだ」 と認識されつつあるようです。これは、マーケットの信認には大打撃だと思います。以前よりハイパーインフレの危機が増加しただけだったかもしれません。

私は、日銀のETF購入など、愚の骨頂だと思っています。マーケットに介入したところで、日銀が買えば、誰かが買わなくなるだけなのです。日銀が売れば株価が暴落するといいますが、結局企業業績さえよければ誰かが安値で買い支えますから、市場は混乱するでしょうが、処理する頃には日銀が介入がないのと同じ状態にもどるでしょう。株の上昇している今、徐々こっそり処分してほしいものです。その間日本株は世界においていかれるでしょうが、結局長い目で見ればもどります。

国債購入だけはもうやめる事ができません。購入を半分にするとでもアナウンスしようものなら確実に金利急騰です。2-3%はあがるかもしれません。日銀は1%の金利上昇でも赤字になります。日本円の信認は失墜し、円暴落、ハイパーインフレです。

よって日銀は国債を大量に買い続けるしかありません。いったいどこまでマーケットは信認してくれるのでしょうか? ほぼチキンレースの状況ですので、それを踏まえた資産運用をおすすめいたします。

ハイパーインフレなんか自分の生きている間に起きないという方は日本円でしっかり貯蓄するのが安全と思います。

投資は自己責任で行いましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大