営業利益率 純利益率も見ましょう

Pocket

96877bb0fc9f68d99b6d0317ed61606b 300x200 - 営業利益率  純利益率も見ましょう

今日は ユーロ円売りで1203円の利益確定でした。

利益確定というか、戻ってきたので建て玉を一旦清算しただけです。

どうも、元金を増やしてから大きく勝てませんが、コツコツやっていこうと思います。

さて、今日は株式投資の方針についてです。

昨年末から、私の株式投資方針はシンプルです。

2年続けて、売り上げが10%以上のびる予想で、かつ、営業利益が15%以上2年以上伸びる予想、かつEPSが15%以上2年以上伸びる予想の企業を、上昇傾向が明らかになってきたら買います。

上昇傾向は一目均衡表の遅行線で判断します。基本週足ですが、週足のトレンドをみつつ日足で判断することもあります。

これだけです。

長期投資のつもりで買うのですが、意外に、短い期間でのびるので実質1年未満の中期投資となっています。ただ、売却後さらにのびる銘柄も多いので、利益確定方法は今後の課題です。

上記以外にも、いくつか条件がありますが、中でも営業利益率と、純利益率は見た方がよいです。私は不動産投資をしていますが、不動産はある意味運営です。純利益としては売り上げの2-3%ほしいところというのが実際に運営した気分です。

営業利益率(営業利益/売上高)が10%以上、

純利益率(純利益/売上高)が3%以上、

を最低でも満たさないと、いくら売り上げや営業利益が伸びていても投資しません。

現在、東京ベースとNISSHAが不良債権化していますが、これは現在の投資法以前に購入した銘柄で、タイミング的にもはっきり言って最悪のタイミングで購入しています。今見ると、なんでこんな時に買ったのか?と後悔していますが、まあ伸びる企業だろうという事でどこかで買いまして、利益をだすきでいます。

業績だけでなく、タイミングも大事です。中長期投資のタイミングは欲張らず遅行線がローソク足をある程度しっかり抜けたときに買えばいいと考えています。

購入は3回に分けて買うのがよいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大