20歳以下人口

Pocket

今日は5420円 豪ドル円の買いで利益を出しました。週足には刃向かったトレードですので、さっさと手仕舞いです。

豪ドルはトレンドが変わるかもしれないですが、まだ中長期的に上昇トレンドとまでは言えなさそうです。

さて、今日は人口の話です。

日本の20歳以下の人口は2017年の時点でざっと1150万人程度です

人生80年として、若い方の1/4の人口が10%程度というのは異常ですね。

著名な東大経済学者の吉田先生はイノベーションが大事で人口減少は関係ないといいます。正論でしょうが、結局他国との競争ですので、よほど日本がイノベーションに有利な状況でないと、米国と中国には勝つどころか相手にならない状況にもなりかねないと思います。

低い戦力で大きな相手に勝つの好きな国民性ですが、やはり基本は戦力を整えて、補給も十分とし、休養もしっかりとって戦いに望むべきでしょう。

日清戦争も日露戦争も無理に無理を重ねて勝った記憶は名誉でもなんでもなく、上の戦略と兵站がポンコツなのに現場が頑張って、相手がもっとポンコツだったから運良く勝っただけです。

普通の国が相手なら、太平洋戦争と同じくジリ貧で負けるでしょう。

つまり現代でも同じような事をやっていれば、米国や中国を上回るイノベーション等現状では生まれないでしょうから負けますよということです。やはり少子高齢化はうまく対処しない限りものすごい重荷なのです。

これは下の世代に生まれて実感しないと、偉い学者さんもわかんないのかなぁと思います。

あらゆる重要なポジションをお年寄りだけで独占するメンタルでは無理です。いわば衰えた人間だけで上を独占しているようなものですからね。確率的にそうなります。一部の優秀な企業は変わっていくでしょうが、バックを支える国が老害だらけではダメでしょうね。

いい加減に勝つべくして勝つにはどうしたらいいのか? 何が必要で何がいらないのか?日本人は考えるべきと思います。特に中枢に立った人間が変わる必要がありありますが、その兆候すら無さそうです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大