今週の展望(2018年10月1日~)

Pocket

ede3ad2e49a76893b4a63502f743a7e3 300x200 - 今週の展望(2018年10月1日~)

日経平均: 買いです、中長期的にもあきらかな上値抵抗線が無い状態です。日経平均は新しいフェーズに入ったかもしれません。米国との関係が比較的穏やかなのが良いのだと思います。日銀や政府の財政危機でも浮上しない限り、米国の次に今強い市場は日本かもしれません。上値は 25000目指し、場合によっては26000円付近まで上昇かもしれませんね。私は完全に乗り遅れていますが、保有株の損益改善していますので、まったく恩恵がないとも言えません。
しかし、強いと言っても、現在の世界は米国1強です。日経 平均のPERは 13~15 がレンジと比較的低い水準と思われ、EPS 1730で計算すると レンジは22490-25950円です。日経平均の上昇は政府のおかげという論調も結構目にしますが、むしろ過小評価であり、企業としては政府がしっかりしていれば、少なくともPER14-16で推移、好調ならPER16-18もあったのに、と恨み節が出てもおかしくない状況ですので、そこは勘違いを誘導する報道はしてほしくないですね。日本市場の株価を上げたのは、企業の努力であり、銀行の窮状やイノベーションを阻害する風土を考えると、むしろ日本企業は足を引っ張っていると思います。

米ドル:  買いです。  114円で一旦もどすか? 115円にせまるか?というところでしょう。115円を急に越えることはないだろうとは思っています。押し目買い狙いです。
ユーロ円: 買い転換?でしょうか? 微妙です。ユーロドルの動きも総合すると売り継続か? とも思います。 130円切るならまた売り相場にもどる可能性が高いです。
ポンド円: 売りです。 ユーロより弱いです。 今週は150円弱が上値めどでしょうか?
豪ドル: 買い転換が疑われますが、まだ基本売りです。早めに買いエントリーもありかもしれません。 今後2-3週の値動きは重要です。ここで大きく下がるなら、また4カ月程度は売り相場かもしれません。いずれにせよ、いま一番注目しています。
ユーロドル: 売りです。1.15-1.18 のレンジはかわりありません。そろそろ売りエントリーという位置ですが、私はちょうど前回の建て玉がこの位置でエントリーしており、セオリーなら今週は利益確定を欲張らず行うというところです。
ポンドドル: 売りです。戻り弱いです。 上ひげ2連発。そろそろ 戻し売りエントリーもありの状況です。
豪ドルドル: 売りです。  売り圧力ちょっと弱くなったかもしれませんが、まだまだ売りです? 週足の上値抵抗線は抜けそうで抜けていません。

投資は自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大