今週の展望(2018年10月22日~)

Pocket

c5684ce4224209dc670132a3508c6977 300x201 - 今週の展望(2018年10月22日~)

日経平均: まだギリギリ買いと先週いいましたが、もどしましたね。しかし、どうもうまく乗れず、私はエントリーできませんでした。基本的に上値は重く、急落のリスクも高めであり、PERが低いからといって買いにくい状況です。チャートではダブルトップ形成中にもみえます。米国発のリスクは簡単には解消しないように思います。最も私は、チャート重視ですので、いい形がでれば買いエントリーです。

米ドル:  まだ買いです。114円でいったん戻すか? のコメント通り、もどしました。戻りは買いのチャンスですが、買場はまだ来ていません。戻しは買いのチャンスとはいえ、ちょっと急に戻しすぎで、せめて1時間足でよい安心の状態にならないとエントリーできません。こちらも米国の動向次第というところは変わりません。株が暴落するなら円高にふれる可能性もあります。わかりやすい反発サインが出れば買いでしょう。先週も書きましたが、米国は日本が円安に誘導していると思っています。金融緩和をやめるようにいってくると日本は金利を緩やかにあげる手段がありませんのでパニック相場となると思われます。その際は株は暴落、債権暴落、金利高騰ですが、円高ではなく、日本の財政危機、デフォルトの可能性が出てきますので円は円安に大きく触れ、ハイパーインフレの可能性もありと思います。非常にデリケートな状態と思います。まだ円安は初期の段階から中期の段階と思われます。基本的にドル買いポジションはある程度もっていたいと考えていますので、今週当たりエントリーするかもしれません。
ユーロ円: 微妙な状態継続ですが売りです。相場は中長期的にも全くトレンドがよめません。130円切るならまた幾分の売り相場にもどる可能性が高いと先週も書いていました、130円切ってきましたので、126円ぐらいまでのユーロ安はありと思います。ただ仕掛けにくい形です。
ポンド円: 売りです。 ユーロと同じく仕掛けにくい形です。短期的には140円までの下落の可能性もあります。
豪ドル: 売りです。75円~77円程度への下げもありと思います。上昇しても81円前後までかと予想します。
ユーロドル: 売りです。今週も主力です。ただチャートに迷いがでてきてますので、エントリーしても素直に下がらないなら短期で利益確定です。
ポンドドル: 売りです。今週も主力です。戦略はユーロドルと同様ですね。
豪ドルドル: 売りです。  わかりやすい売り相場です。スワップ上私の売買対象にはなりにくいですが読みやすい相場ではあります。

投資は自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大