今週の展望(2018年10月28日の週)

Pocket

f6d3075c2c5642fe1b1909778ec1dcda 300x225 - 今週の展望(2018年10月28日の週)

日経先物: 久しぶりに売り圏内に入ってきました。 ただ、まだ週足の50週移動平均線は明らかな下げでなく、下がりも急ですので、一旦もどすと思われます。下値は21500円程を予想します。日経PERが1712と伸び悩んでいるのは気になります。 PERを12で計算すると20544円であり、次の下値めどと一致します。そこで短期の買いもありですし、いったん戻したところを売る戦略もありです。デイトレ近辺のスイングトレードにはいい地合いです。

ドル円: 引き続き買いです。 株安の割には円高一辺倒という感じではありません。ちょっと調整という値動きです。このあたり、円は避難通貨としての価値を失いつつあるのではないかと懸念します。とすると円安はすすみかねず、トランプにいわれのない為替誘導呼ばわりされる恐れがあります。実際問題、現在のドルの独歩高は米国の自業自得ですが、そのような非難がでると、日銀は異次元緩和を続けにくくなります。しかし、異次元緩和を続けないとハイパーインフレは避けられない情勢になります。ドル買いポジションは下がれば持つという形で負ける可能性は少ないものと思われます。今週の主力の一つです。

ユーロ円:売りに戻りました。しかし、週足的には 125円~133円のレンジ相場です。あまり主力にはしにくいです。

ポンド円:売りです。ユーロよりは売りの傾向が強いです。

豪ドル円:売りです。値幅が小さく、上下しながらも分かりやすい下げです。82円に近づけばもどしうり狙いエントリーを狙っていきましょう。

ユーロドル: 分かりやすい売りです。戻し売りをしっかり狙っていきましょう。主力の1つです。

ポンドドル:わかりやすい売りです。こちらも主力の一つです。

豪ドルドル:わかりやすい売りです。スワップの大きいユーロドル、ポンドドルの売りが私は好みですが、豪ドルドルも戻し売り狙いなら勝ちやすいと思います。ただ、値幅は小さいです。

トレードは自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大