不動産は手堅いが、不労所得ではないし甘くもない

Pocket

不動産賃貸運営を小規模ながら行っていました。

利回り10%とか世の中にゴロゴロしていますので、何も勉強せずに、利回り8%築20年🙏RC、都心で駅から徒歩10分、という物件をフルローンで借りる人などいますが、絶対にやめた方がいいです。 慣れたひとなら上記のフレーズだけで、キャッシュ回らんなーと判断できます。詳細な計算をする必要もないです。

最も初歩的なところで修繕費を考えていない、甘く見ている人が多いです。 内部、外壁、屋上、浄化槽、エレベーター、どれも結構なお金が築古だとかかります。

また、ランニングコストとして多くの初心者が忘れているのが、元金返済部分の税金と社会保険料です。この部分は大きなRCだとかなりの額になります。なぜかというと、元金返済部分はその人の収入扱いになり、普通に所得税も社会保険料もかかってきます。課税所得が800万を超えた部分は、所得税33%+住民税10%+社会保険料8%ぐらい? がかかって来ますので、最悪元金返済の半分に税金がかかってきます。これを相殺するのが原価償却費です。

元金返済額と原価償却費のバランスには絶対に注意してください。

この元金返済部分の税金の恐ろしいところは、現金が入ってこないのに多額の税金を請求されるところです。

また、手間もかかります。

小規模ですと、大抵は自分で会計入力を行うと思います。私も会計ソフトへの入力は自分で行い、あとは税理士さんに任せるというスタンスです。今の税理士さんは、自分も投資家ですので、色々よくしてくれますし、税務署への書類の提出もやってくれますが、前の税理士はまともな節税を考えてもくれず、税務署への書類の提出もしてくれず、趣味に耽る人間で大変でした。 変な税理士は即刻クビにすることをお勧め致します。

今週は会計入力をまとめて行い、ブログの更新を忘れてしまいました。

不動産賃貸運営は、最低限の勉強はして、しっかり物件を見極めないと大損しますし、やはりそれなりに手間もかかります。

個人的には、不動産賃貸運営は最も負けにくいビジネスモデルと思いますが、勉強せずに行うと破産へ一直線ですので、気をつけて行いましょう。

相談があれば、無料で相談に乗ります!

いつでもメッセージくださいね。

(相談が多く慣れば有料化しますが、弱ショーブロガーですので、お金はとりません。ただし、内容の是非は自己責任でお願いしますね^ ^)

みなさんが理不尽な格差社会を生き残れます様に、お手伝いできたら幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大