トレンド相場かボックス相場か?

Pocket

トレンド相場かボックス相場かで、エントリーの意識が変わります。

トレンド相場では、大きく値が戻らないまま、大きく一方向に値が動く可能性が高く、積極的に ブレイクや下値近辺の軽い戻しでエントリーせざるを得ません。

ボックス相場の場合は下値近辺で買い、上値近辺で売りを狙います。あまり強いサインを待っているとそのサインが出る頃にはすでに下値であり、エントリーした途端に逆行という悲しい動きになります。

まず、どっちの相場なんだろう?

というのを明確に考えないといけません。

またもう一つ明らかにトレンドがあるのだが、それがとても緩やかで、斜めのボックス相場を形成していることがあります。

この場合、下げ相場なら、下値行くたびに下にブレイクするのでトレンド相場だと思ってエントリーしてしまいがちです。しかし、そのまま伸びず大きく反転してしまうのです。損切り設定するトレードの方なら損切りの連発にもなりかねず、かといって結構値幅があるので、斜めボックスの上で損切りとすると結構大きな損失なので、ストレスです。

斜めボックスだという認識があれば、結構平然と上値でエントリーできます。

今のポンドドル相場がまさにそんな感じですね。私もエントリーのたびに逆行して、あまり調子良くは利益を出せませんでした。

結構トレンド相場かボックス相場かの見極めは難しいですね。特に初期はまず認識不能と思います。

しかし、負けない手法はあります。

一つは長期のトレンドに従った売買にすること。もう一つが資金は余裕をもった投下にすることです。 欲張りすぎず、年利30-50%で十分んですよね? 資金が年1/3増えたら、10年後20年後どうなるか? 計算してみてください。

もし年利100%なら….

私は決して夢物語ではないと思ってFX手法を日々試行錯誤しています。

トレンドフォローと資金管理

いつも言ってますが、これが王道です。

決して高額塾などに無駄な金は使わない方がいいです。 この二つを自分でとことん考えない限り、どんな手法を習っても勝てないですし、この2つを極めれば、負ける可能性は極端に減ります。

損切り有無一つとっても好みは別れます。

私は損切り設定はしません。 必要と思ってないからです。その代わりメジャー通貨しか取引しません。

このブログやツイッターで気づきを与えられたらと思っています。

くれぐれも高額塾なんぞに入らないように。

本を図書館や立ち読みで100冊読んで手法をまとめて、このブログの気づきを応用する方が安上がりで効果が同じと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大