久しぶりに大きく負けました

Pocket

木曜日と金曜日にに久しぶりにドル円で大きく負けました。お陰で今年の利益が1/3吹っ飛びました。

一見、移動平均線とローソク足の関係は悪くはありませんでした。

週足と日足で下げ、4時間足は微妙ですが下げつつあり、1時間足は移動平均線が収束から拡散して下げるように見えました。

一度エントリーしてあげたので、一旦損切り。ここまでは良かったのですが、なぜかムキになって下げるたびに売りエントリーしては反転して損切りという愚を犯しました。

まず悪いのは、移動平均線のみで判断し、一目均衡表を確認していませんでした。4時間足ではまだ買いで、遅行線がローソク足に当たるところで、売り転換していませんでした。

1時間足のエントリーでしたので、これは私の上位2つの足のトレンドが一致する方向にエントリーするというルールに反していました。もう少し待つべきでした。また、遅行線はローソク足に当たる時にローソク足に沿って移動するというケースが結構多いので、上がる可能性はまだ相当あったわけです。

また、一旦損切りをして再度売りエントリーを特に確信なく2度も行なって、傷を広げました。落ちるときは5MAに沿って落ちますので、すぐ反発する場合は取れても大きな利益は取りにくいのは

トレンドは移動平均線と一目均衡表の両方を見て総合的に判断した方が、的中率は高いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大