株価が下がると嬉しく思わないといけない

Pocket

先週は74648円の利益でした。

今日は手始めに6581円の利益でした。

ドル円買いですね。

1,4時間足のトレンドで5分足で小さく勝てました。

さて、今日は現物株式の売買の話です。

先週日経平均は800円近く下げました。

せっかくの上昇相場に水を刺されてがっかりする、せっかく利益が出ていたのに含み損が出てがっかりする、そんな気持ちになる人も多いと思います。

私は、ちょっと違います。もっと下がってくれれば安く買えてリスクが低いのにと楽しみになります。含み損が出ても平均取得額を下げるチャンスと思います。どこで買ってやろうと手ぐすね引く状態になります。

また大きく下がったときに、下げが相対的に少なく週足の上昇トレンドの銘柄は大きくあげる可能性があります。もちろん業績の下方修正には要注意ですが、安く買わないと儲けはでないというめちゃくちゃに当たり前の事を思い出すべきです。

でも、こう思うかもしれません。含み損が増えると買えない! 資金がない! と

ちょっとまってください。もしあなたが暴落時にそう思ってしまうなら、そもそも資金繰りがおかしいのです。

最低でも、現物株は3分割できれば5分割で買うべきです。 そうすれば、利益が出続ける銘柄を買ってさえいれば、暴落は間違いなくチャンスです。 超まれなほどの大きな剥離を狙ってもいいですし、4時間足や日足の遅行線などトレンド変換時に買っても良いです。

資金分割が投資やトレードの肝です。これは絶対です。勝てない人は一度考えてみることをおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大