急な値動きに乗れなかった場合のメンタルの持って行きかた

Pocket

昨日は17143円の利益でした。

ユーロドル売りがメインです。

ユーロドルは月、週、日、4時間、1時間、全てで売り推奨と珍しい状況です。

結構戻り売りエントリーは固い勝負と思います。

急な値動きが発生し、エントリー出来ず取り残された事はありませんか!

わたしはしょっちゅうです。

こんな時最もやってはいけないのは、慌ててエントリーすることです。

まず一呼吸おいて、どこまで延びそうか? 上位2つの足と、トレードする足で、メド値を調べましょう。

多分、あなたの気付いた時には、メド値にあたっていると思います。そこでぶち当たったから、あなたが気付いた時にその値段なのです。

メド値をみたら、今度は押し目や戻り値のメドはどこか探ります。 大抵は移動平均線と水平線の交差する部分がそうですね。

たくさん候補はあると思います。

次に、普段のトレード足よりより短い足、大抵の場合5分足で押し目や戻しが反転する部位を狙いましょう。

実際どこでエントリーするかは最終的な決断は思い切りですが、この過程を得るだけでも勝率は上がります。

もう1つの戦略は、移動平均線から、はるかに剥離している時です。戻ってくる短期的な反落や急上昇を狙いましょう。急激にくるので5分足や1分足が良いと思います。 普段のトレンド足の5MAの下に値段が来るようになったら要注意ですね。

以上のように、見逃してもチャンスはあります。むしろ値段が動き出したら当分上下に動きますので、チャンスがきたなとチャート確認を頻回にすればいいででょう。

仕事で時間がないなら、押し目、戻しでの指値もいいですね。 大抵勝てます。

トレードは自己責任でお願いしますね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大