無秩序ブレグジット はポンド暴落を招くのか?

Pocket

昨日は一転ポンドもユーロも上げ相場でエントリーできずでした。

現在保有はポンド売り建ての含み損が14万円ですね。

ポンドドル、ポンド円がともに上昇しています。

メイ首相が期限の再延期を求めるとの報道で上昇したものと思われます。短期筋が買っていますので、また戻るとふんでいます。

ブレグジット になんで?上昇?と思いますが、結局マネーゲーム化しているのであって、ブレグジット決定以降、長期では大きく下げているのです。やはり上昇時の売り狙いは固いと思います。

しかし、無秩序離脱が決定しても、下げは予想より小さいかもしれません。すでにポンドの価値はかなり毀損されており、一旦大きめの下げが来て、あとは下げては少し戻して下値安定を繰り返しながら徐々に下げていくのではないでしょうか?

銀行破綻や、再建の金利上昇などがあればポンド安は加速すると思いますが、無秩序離脱が決まってからタイムラグが有ると思います。

下げに関しては、ポンドよりユーロの方が傾向がはっきりしています。イギリスの離脱はユーロの信用を毀損します。ポンドは上昇相場に戻る可能性もチャート上でており、ポラティリティは小さいですが、ユーロの方が売りで攻めるには確実かもしれません。

トレードは自己責任でおねがい致します。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大