トレンドフォローであってこそ色々なサインが意味を持つ

Pocket

先週は 117639円の利益でした

10万円超えは3週ぶりです

ローソク足には

色々なサインがあります

ローソク足の形

移動平均線に形

一目均衡表

各種オシレーターによる、ダイバージェンス、逆ダイバージェンスなどです

しかし、これらを利用しても、

逆行することはよくあることで、

勝てるサインがわからない。本当にこれで勝てるの? という印象持つ人もおおいのではないでしょうか?

それはもっと大事な事を深く考えず、軽視して取引しているからです。

それは上位の足のトレンドフォローであるということです。

トレンドフォローは絶対です。トレンドフォローの定義は色々あります。

移動平均線の向き、ローソク足の移動平均線に対する位置、一目均衡表の遅行線基準線転換線、ダウ

これらのどれかを基準にするか? 複数組み合わせるか? 自分で決めないといけませんが、決めたらきちんと従うべきです。

私は遅行線を基準にしています。

そしてトレンドフォローの上で

下位の足でエントリーを決めるのです。

この作業を行っていない人は、

チャートサインで勝てる確率が低くなってしまうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大