押し目、戻しは意外に狙えていない

Pocket

先週はプラス9260円でした

先週から売買が噛み合いませんが

なんとか今年初の 利益マイナス週となることは回避されました

1つの大きな原因は、

日経先物がSQ日の前日引け後に売りたい値段になったのですが、今月が限月で売れず、結局21000円の損失を出して決済されてしまったことです。

限月が6月のものを買っていれば、+10000円ですから、今週も4万円程度は利益を出せた可能性はあります。

先物はドル円と結局近い動きをしますし、

先物はもういいか…

とも思います

押し目、戻りを

トレンドに沿って反転直後に狙う

これは、勝つための常套手段です

簡単そうですよね?

しかし、人間は欲望と不安が邪魔して、なかなか狙うことができません。

なぜかというと、押し目や戻しというのは、トレンドに逆行したエントリーをしないといけません

いざ押し目や戻しになると、もうトレンドが終わってここでエントリーすると、もう値が戻ってこないのではないか? とためらっているうちに、強く反転してしまって、値が動いたら動いたで、ここからエントリーしても値幅が取れないのではないか? と エントリーできなくなります。

大抵の場合、明らかなサインが出た時には、もう結構相場が動いている場合が多いのです。

欲張りすぎると

全てが押し目や戻しに見えて

無駄なエントリーを連発してしまいます

解決策として

まず押し目の値をもう決めつけてしまうことです

そして

短い足でエントリーを決めることです

トレンド足と決めた足から 2-3段階短い足で

目標とした値付近で

エイやっとエントリーする事です

そうできるためには

資金の分割投入を前提でエントリーするか

損切りをすぐに設定するか

どちらかのセーフティーネットが必ず必要です

チャートの

形の綺麗さを重視すると

うまくいくことが多いと思います

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大