抵抗線は馬鹿にできない

Pocket

昨日は 11520円の利益でした

昨晩は ドル円の売り12単位を本当に暴落30分ぐらい前に決済するという

まさに悪魔のタイミングの決済で

利益は少し出てますが、逃した利益の大きさに呆然自失となりました…

ユーロ円売りにしていればよかったです

ドル円売りは

スワップがでかすぎて

ホールドしにくいのが難点です

12単位だと すぐスワップが1万円超えたりします

とりあえず、膠着すれば一旦巻き返しがあるはずですので、そこでまた売ります

今日は、めどの値段の話です

めど値=抵抗線 です

抵抗線は日々引く練習をして下さい

少しでも効果的なエントリーや利益確定にとてもとても大事です

年間 結構利益額が変わると思います

それでも失敗の連続ですが

やらないより良いと思います

抵抗線の種類は以下の通りです

切りのいい値段: 意外に一番大事です。例えば昨日なら、ドル円が落ち出して最初のめどは109.5円、次が109円ですね。簡単です。特に109円、110円などはよく機能します。

移動平均線: 5, 10, 25, 50 と言った切りのいい移動平均線が機能しやすいです。

上値抵抗線、下値抵抗線: うまく引くのが難しい時もありますが有効です。

これらが交わる場所の値段は特に強い可能性があります。

これらは機能するのはなぜでしょうか?

市場参加者がよく見る抵抗線ほど、見ている人が多いので機能すると思います。

よってシンプルな抵抗線引き方を選ぶべきと考えています。

AIの自動売買も、移動平均線設定しないといけないでしょうし、その場合よく選ばれるのは、やはり5、25、50などではないでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大