アベノミクス は 失敗?

Pocket

先週は243984円の確定利益と、私の過去最高週益でした。

建て玉は一切ないので、今週は仕切り直しです

一時は含み損が60万円超えましたが、一気に戻して、過去最高益となりました。

やはりトレンドフォローと資金分散が大事ですね。

かなり相場動き、円高が進んでいます。

ドルも円以外の通貨に対しては高く、ドルも円もリスクオフの状態と言えます。

今までと違うのは、あまりドル円が円高にならないことです。これは輸出企業業績にはいいのかもしれませんが、今までリスクオフ時に円に向かっていた資金が、ドルに向かっている兆候ではないかと予想しています。

円は最も信頼されている通貨ですが、日銀の異次元緩和とETF買いは実質MMTであり、金融の禁忌と言われた手法の実験中です。

こんな凄い実験をしているのに、メディアでほとんど報道されず、警告を鳴らすのは維新の藤巻議員などごく少数という、ちょっと異常な状態と思います。

政治家、メディア、国民に政策理解能力が低いのでしょうか? それとも与党自民党の報道統制でしょうか? 日銀の黒田総裁は現状を認識しているようで、記者会見はゆっくり時間稼ぎ答弁、愛想笑いが多く、挙動から判断すると居心地が悪そうです。また議会での藤巻議員の追及にタジタジです。

いつまでも異次元緩和を続けていると、小学生でもわかるような四則演算ですが、金利コントロールに失敗したら、日銀は確実に破綻、経済がハイパーインフレに突入してしまいます。

ハイパーインフレが起きなくても、マイナス金利まで導入したことにより、銀行の収益は経済成長の恩恵を全く受けない気の毒な状況になっています。昔は銀行員とは誰もが羨む職業でしたが、今ではリストラ対象のトップグループですから、銀行員になろうという優秀な若者は減少するものと思われ、日本の金融は危機に立たされていると思います。

では、異次元緩和をやめられるか? というと簡単ではありません。昨年12月に日銀が緩和の出口を考えると示唆しただけで金利が急騰、大慌てで火消しに走るという一幕がありました。今の日本の金利は上がろうとするのを必死に抑えている状態で、異次元緩和を止めるなどと発言しようものなら、金利は一気に急騰、日銀が利払いに困ります。それを国債をさらに刷って補えば、結局異次元緩和の継続になります。 その場合、金利は再度下がるかもしれませんが、下がらないなら、一気に破綻しますので、今が安定しているから明日も安定とは言えない危険な綱渡り状態です。

また、日銀がETFを購入しているのは異常です。日経平均が18000円になれば含み損が発生すると言われています。 GPIFのように世界分散投資をしているわけでもなく、日本株への集中投資という、長期投資のリスク分散もへったくれもない投資手法で、まさに政権のための株価下支え機関に成り下がっている状態です。もし日銀が長期投資を目的としてやっているなら、素人以下のリスクコントロールでしょう。日銀の収益が赤字だと、日本円の信用は急落するでしょう。 長期金利も急騰して、日銀デフォルト、輸入品が劇上がりしてハイパーインフレです。日本円の貯金は紙くずと化すでしょう。

戦後最長と言われる好景気で

なんで日本はこんなリスクに怯えながら、暮らさないといけなくなったのでしょうか?

このような不安定な状況に経済成長のピークでなってしまっているというのは、とても異常なこに思います。

異次元緩和は、安倍首相が重大性を完全に理解して始めたとは思えません。 おそらく経済会の手前勝手な要請に基づいて、選挙対策として2年限定としながら開始した、やめるとドーピングのリバウンドが出るので政権支持率維持というこれまた勝手な理由でやめれないという構図が出来上がってしまっているものと思われます。

こういう思考回路は、はじめの一年で大暴れして、あとは講和に持ち込むという希望的観測で始めたいつぞやのの戦争を想起するのですが、それは私だけなのでしょうか?

自分の老後はかなりブラックになるのでは?

子や孫がまともに生きていけないのでは?

不安は尽きない世の中に変わった経済成長だったと感じています。

個人的には日本円の貯金だけでは、身は守れないと思います

外国株投信

外債投信

仮想通貨に分散投資し

融資を受けて不動産も購入しています

FXはもちろんですが

建て玉がないと日本円ですので

円高時にドルを長期で積立した方がいいかもしれないですね

個人的には

異次元緩和さえなければ

こんな状況には陥っておらず

普通の金利操作のみに終始して

変に欲張らなければ

経済も今程度には伸びて、プライマリーバランスも黒字になっていたのでは?

と考えてしまいます

引き返せない金融政策を取り必要があったのか?

自分の将来のことですので、日本人として、各自よくよく考えてみる必要があると思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大