私がFXが一番良いと思う理由

Pocket

ドル、ユーロ、ポンドに対する円高は一層進みそうですね。

しかし、今までより円高は控えめで、ドル高の傾向が強いことが気になります。

以前は景気後退時は円が一強でしたが、円の信用が米ドルに対して相対的に低下してきているのではないかと思います。

私は、景気後退観測が強い場合は当面円高でしょうが、日本財政の破綻観測が強まる、日銀の収益がマイナスになるなどというイベントで円安が止まらなくなる時がこの10年の間にくるのではないかと予想していますし、そろそろジャンク債市場、米国教育ローン市場がデフォルトすることもあるのではないかと考えています。

しかしいつそれが始まるかは誰にも分からず、チャートの変化に出来るだけ機動的に対応するしかありません。

FXの良いところは、ドル、円、ユーロといった、メジャー通貨ペアは市場参加者が個別株に比べて極めて多く、チャートの信頼性が高いこと、一つのファンドが資金を投下して価格操作を行うことが難しいことです。

一番市場の変化に機動的に対応できるのはFXだと思います。

また、日本の異次元緩和やマイナス金利により、通貨の強さと金利差があまり関係なくなっています。

景気が強く円安になるなら、ドル円を買うとかなりのスワップ金利を得ることができます。景気後退期はポンドドルやユーロドルが下がりますので、売りで、スワップ金利を得ることができます。

通常スワップ金利がマイナスの方に値が動き時は急で、ホールドしにくいのですが、異常な金融政策の続く昨今では、特にユーロドル売りやポンドドル売りが不利と思うこともありません。景気上昇時でも景気後退時でもスワップ金利が得られるポジションで勝負できます。

スワップ金利を得られるのは非常に大きく、ドル円買い、豪ドル円買い、ユーロドル売り、ポンドドル売りのポジションの金利は馬鹿にならないものがあります。

損失が出てもじっとホールドしていれば損益分岐点が勝手にかなり下がってくるのです。それでいて、新興国通貨の買いにありがちな、もう買った値段に二度と戻って来まセーンという可能性はほとんどありません。

また、夜間も取引をしており、市場が閉じる時間も非常に短いのでチャートで窓をあける事がほとんどありません。チャートを読む時に連続性のある綺麗なチャートで読むことができます。

また、株価が動くときは為替も動きます。結局何で勝負しようと、利益を得られる時期は同じなのです。

また日経先物などの先物には限月があり、不本意な決済を強制されたり、SQ前には決済予定の建て玉はロックされます。FXにそんなものはありません。

また先物は 証券会社のチャートが見にくいことが多いです。私はSBI証券を使っていますが、スマホでのチャートはFXに比べて先物は非常に見にくいです。

そう考えると、株を買う理由、限月のある先物を買う理由はほとんど無くなります。

また外貨預金を行いたい方は、ドル円1lotを(10000ドル)購入すれば、ドル円100万円を外貨預金したのと同じ効果がありますし、コストは格安です。(そのドルを機動的に使う可能性があるなら普通の外貨預金がいいと思います。

また外貨預金は為替差益が総合課税となりますので、所得税の課税所得が800万円以上の高い収入があり人には不利になります。FXは申告分離課税で、いくら儲けても20.315%です。

以上のような複数の理由で、最近はほとんど先物や株の取引を行う理由がなくなってきており、FX一本で行こうかな? と考えています。

外貨預金を保証金として認めてくれると嬉しいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大