日本の株価は妥当に上がったのか? アベノミクス は株価をあげた! の嘘

Pocket

基本的に調整相場で昨日は売買なしです

さてNYダウは強いですね

大きな発表は月末までありませんから

当分 波乱は少なそうです

ドル円売りの建て玉

どうすっかな?

と思案中

為せば成るで相殺続けます!

そして毎週利益は出す!

さて一旦はヘッドアンドショルダーを作って下げ相場入りしたNYダウ

再上昇で下げトレンドをぶち壊しました

日経は反応鈍いですね、やはり衰退国で官製相場をやっても下げにくいだけで、上昇はしにくいようですので

そりゃそうです、国や年金が勝っても市場が硬直化して信頼されなければ、他の投資家は逃げますからね。

日経PERは12近辺に

戻って

きましたが、戻ってこれは異常な低値です

まあそれに気付く人も少数なようで、アベノミクス で株価は上がったと思っているようですが、全く上がってないんですね。

相場加熱時は日経PERが16-20はいったものです

それでも米国よりだいぶ低いのですが、まあ国力差からしてそんなもんでしょう

日経EPSが現在 1761 ですから

妥当な日経平均は

EPSxPER で算出すると

PER16で 28176円

PER20なら なんと35220円!

史上最高値更新も夢ではないくらい日本国民は頑張って企業業績で結果を出していたんですね

ここまで行けば、給料ももっとよくなっているでしょうし、先行きも明るく、企業の内部留保も、新規事業への積極性も、融資の活発さも違ったでしょうね。

アベノミクス が 普通の政策より効果があったのなら、これくらいの株価は最低限達成してもらいたいものでしたが、そうはなりませんでしたね。

経済政策の効果は、結局世界との相対的なもので世界景気が上昇なら、他の先進国より上昇が強かったか? 下降なら、他の先進国より下りが鈍かったか? が正当な評価です。

また、他の先進国よりGDPの上昇が大きかったか、他の先進国より庶民の収入が上がったか? 他先進国より庶民の生活が向上したか? が正当な判断材料です。 そこをごまかして、アベノミクス が経済を上げたと宣伝するのはUnfairな評価で多分に政治的な意図、選挙対策でしかないと思います。 つまりこういうことを言っている、有識者は政府の息がかかっているか、単なるおバカさんということになります。

景気が上がっているのに

多くの国民の生活が苦しくなっている

さて、稼いだはずのお金はwどこにいったのでしょうか? 当たり前の疑問をしっかり考えるのは大事と思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大