バブルの米国株と取り残される日本

Pocket

先週は29522円の利益でした

確定益ベースでもう少しで300万円に到達しそうです

元本は400万ですので

今年中に倍増を目指したいですね

NYダウは史上最高値を更新しています

こんな水準で、利下げをFRBは行うと言っているのですから、FRBもバブルを止める気はさらさらない、トランプに忖度する、傀儡組織であることが明らかになりつつあります。

日本も米国も、先人が積み上げた叡智を無視して、毎度毎度の踊れるだけ踊れ! というバブルを呼び寄せることにしたようです。

株価が上がると通常は円安ですが、

今回は様子が違います

FOMC議事のサマリーを報告するパウエル議長が利下げを予定通り行うと言うと市場は大きな円高で反応しました。 だいぶ戻しましたが、それでも0.5円の円高です。

それは当然で、FRBが利下げすると、日米金利差が縮小して円高になります。

前回の利下げフェーズでは、75円まで円高になりました

あの頃は、民主党政権で、従来の金利操作ではFRBに太刀打ちできず、産業界、特に輸出企業に怨嗟の声が巻き起こって、経済学的禁忌に手を出してくれる安倍政権を誕生させたわけですが、経済のみに終わらず、民主主義のイデオロギーの禁忌にまで簡単に踏み込んでいくことを彼らは予想していたのでしょうか?

結局のところ調整すべき時に調整しないなら谷が深くなるだけで、無駄な財政出動で国が弱体化するというのが、欲に目が眩んだ人々にはわからないようで、せっかくのポテンシャルを持つ労働力を抱えながら、日本の一人負けは続きそうです。

景気の最終段階では金利を下げる決断を中央銀行が行います

まだまだ上昇すると思っている人たちが多い為

大抵2-3割ほど株価が上がります

その後急落して

傷口を広げるわけですが

今回もそのパターンを踏襲している可能性があり、

安易に飛びつけ無い状況です

すでにNYダウは直近の安値から

特に企業業績に上方修正が連発されるわけでもないのに

5500ドル以上上昇しており、もうすぐ3割上昇のめどにきます

この間 日経平均は 2割も上昇していません

投資家にそっぽを向かれ取り残されている状態です

買うなら短期で

が良い手法と思います

ただ

景気に関係の乏しい業態の小型グロース株は業績の伸びが続くなら買って良いと思います

相場にはきな臭い臭いが立ち込めています

参議院選挙後に

トランプが 安倍首相とどういう約束をしたのか?

明らかになります

農業

畜産

自動車

為替が

ターゲットとされています

参議院選挙が終わる頃に大きく動く可能性がありますので

チャンスを捉えていきたいものですね

多くの為替ブログは円安とよんでますね

個人的には

円高にベットです

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大