Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

終わりの始まりか?

Pocket

昨日は出入りが激しく

30365円の確定利益でした

利益としては

まあ普通ですが

今回は普通の確定利益ではありません

運良く寝る前にドル円売りのエントリーを入れることができました

夜、目が覚めて、相場を見ると107.3円台、107.5円で逆指値入れていたら決済されていました

昨日の朝の時点でドル円の含み損建て玉31単位保有中で、昨日で最大含み損65万円ぐらいまで行きましたが、一気に解消。現在は保有建て玉はありません

保証金も706万円といつの間にか700万超え(元金400万円)

今年中に元金倍増達成を視野に入れています

今回のドル円売りでの1番の反省は

スワップを払う建て玉の損切りは成約後すぐに入れるべきという事です

特に ドル円売り、ポンドドル買い、ユーロドル買いはいけません

何と今回スワップ支払いは合計で72221円に達しました

これはやはりストレスです

スワップがなければ10万円越え利益ですね

もしドル円買いで同じことをやれば17万円程の利益になります

これは大きいです

私は支払いが生じる方をショートと読んでいますが

ショート取引は、絶対損切りを入れるべきです

株取引ではコツコツドカン と言います

買いはコツコツ上がるけど、下がる時は一気に下がるという意味です

FXにこれを当てはめると

スワップ得る方向はコツコツ

払う方向はドカン

と値が動きやすいのです、思惑から外れたショートの取引は資金に余裕があっても、損切りすべきです

今回も、最初に1-3万の損失で損切りしていたら

暴落時に大きくエントリーでき、数十万クラスの利益を得られた可能性は高く、ちょっと悔しい気もしています

今回の下げは

こりゃ相当行くぞ と 強く予想されるわかりやすい形と勢いでした

もったいないですが、

いい勉強になりました

またトレンドフォローの威力もいつもながら感じましたし、

自分の相場読みの基本方針は間違っていないことも再確認できました

しかし今回の円高は相場の終わりの始まりの可能性もあります

昨日は最高値と最安値で2円の値幅があります

最近ではない値動きです

さらに月足で明らかに売り転換していること

下ヒゲで終わった今年初めのフラッシュクラッシュと違い大陰線で終わっていること

もう日銀に抗う効果的手段はないこと

米国は明確に円高を望んでいること

から、当分円高は続くものと思われます

100円程度で終われば良いですが、実効レートからすると80円とかも可能性ありです

当然こうなることは予想できたはずで、どんな対策があって異次元緩和を行なったのか? 安倍政権と日銀のお手並み拝見です

105円を切ると多くの企業業績が下方修正されるとも聞きます。

今回のドル円の動きは、当分円高相場になる可能性を強く示唆するもので、トレーダーとしては読みやすい相場が期待できます

思えばアベノミクス は中銀の信用を失墜させる以外の効果があったのでしょうか?

結局FRBの影響力には勝てず、円安もアベノミクス の初動の黒田バズーカ第一弾は円が反応しましたが、第2弾では反応乏しく。結局FRBの金利操作の範疇であり、いつ相場が動くかの違いだけで長期的にはほとんど影響がなかった気がします。

一時的な円安と引き換えに

日銀の金融政策余地は消失

日銀は財務が赤字になるリスクを背負い

日本の株式市場は完全に官製相場の評価で閑散

銀行の収益性は悪化の一途で好景気なのに銀行は純利益が半分に

証券会社も投資家の市場離れが激しく手数料競争の割に投資家が増えないため収入が激減し、軒並み赤字転落か大幅減益

ちょっと、代償としては大きすぎる気がします

今回にFRBの金利下げに対抗する手段は日銀にはありませんが、専門家を揃えた安倍政権には手があることを期待しましょう

ECBも同様の状況ですが、異次元緩和や過度な市場介入をしておらず、金利操作だけですので、まだ市場の信認は欧州の方が上です。しかし欧州も相当苦しいのは明らかですね。まああちらもプロが揃って決断しているわけで、対策も用意済みであることを願います

円は、日本の個人資産や日本国の固定資産でもさかけ上のバランスシートを保っているので信任されていますが、個人的にはもはや砂上の楼閣に見え、欧米のファンドの攻撃対象になれば抗う術は無いように思います

現時点では円高ですが

将来的には、超円安、ハイパーインフレを覚悟しないといけないかもしれません

おそらく、円高で日本企業を痛めつけ、国債価格上昇を契機に、一気に日本財政を麻痺させ、政府が財政を成立させられなくなり、超円安、ハイパーインフレとしたところで瀕死の日本資本を買い漁る。 こういうシナリオを欧米の富裕層は期待していることでしょう。

将来的にもしそんな事が起きたら、根は安倍政権で作られたのは確実ですので、異次元緩和という手法を行った政権を忘れてはいけないと思います。

私もせっせと、ドルと金と仮想通貨と不動産に投資して、自己防衛を計っています

もう国は守ってくれません

こないだも参議院選で日本人は自民党を信任しました

増税、実質賃金減、富裕層大企業優遇税制、天下り、GDPの殆どが補助金関連事業

こんな状況で政権が信認される日本は異常です

日本人が選択し続けたことなので、つけは確実に日本人が払わなければなりません

腹ただしいことですが、自分は準備するしかないように思います

FXの保証金もドルで入れることもできるようです

半分はドルにしてもいいように思いますが

もう少し円高になってからがお得でしょうか?

ただドルの信頼が絶対か? と言われると甚だ自信がなく、不確定要素だらけの中資産を分散させるしかないのが現状です

少なくとも円のみの資産運用はやめた方がいいと考えています

とはいえ、

今回の円高が

日本経済の終わりの始まりにならないことを祈ります

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大