Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

長く持つことは大事

Pocket

夏休みで更新をサボってました

今週は

68687円の利益でした

今週は大荒れで

上手くやれば 超利益を出せる一週間でしたが

私は

もうめちゃくちゃ

大荒れです

でも確定益は目標の週3万円の倍を確保できたので良しとします(とはいえ、平均的利益です)

現時点でユーロ円売りも 15000円程度含み益です。

順調に純益が増えていれば良しとする精神は大事ですね。

大事なのは、考え続ける事

考え続けますが、

取っている基本戦略は単純この上なしです

メジャー通貨ペアのみ売買

資金に大きな余裕を持つこと(保証金50万円でドル円なら1単位が目安)

週足と日足のトレンドフォローであること

スワップ金利がプラスであるペアを優先する事

トレンドと逆張りは大きく剥離したら反動を狙い損切り設定を厳密に行う事

トレンドの押し目や戻しを狙う事

スワップがマイナスなら、損切り設定を行うか、含み損に対する相殺を早めに行って、その期間は確定利益の増加を抑える事

これだけ

簡単ですが

具体的に

いつエントリーして

いつ利益確定するかというと

全く答えはありません

100冊以上トレードの本を読みましたが

結局正解などない

ということがわかるだけでした

勝てる確率を上げることはできても必勝法などありません

結局はある程度のチャートの基礎知識を勉強したら

その基礎知識を元にルールを作る能力と

作ったルールをどれだけ守っていけるか? のメンタルの勝負なのです

また、長く持つことができるというのはとても大事です。

そうでないと、含み損が出たらすぐ売らないといけなくなるからです

また含み損が許せないと利益も伸ばせません

もちろん、スプレッド以上の含み損をほとんど許さず、素直に伸びるところだけを取るという戦略は可能でしょう。しかし、そうすると勝率はかなり落ちてメンタル的に連敗が続くと追い詰められます。また利益がでてもどこまで伸ばせばいいのか?という問題もあります。私の感覚では、素直に落ちる場所を高確率で特定できるという特殊な才能が必要な手法に思えます

それにひきかえ私のエントリー手法はいい加減です

押し目、戻しで狙うだけ

エントリーは仕事の都合で方法を変えます

一番成功率が高いのは

押し目、戻しの15分足か1時間足の下げ始めを狙う方法です。5MAが25MAの下に出て、共に下に向いている。急であればあるほどいいです。

でも、忙しいとそれも見逃しやすいので

大きめの戻しや押し目の

4時間足や日足や週足の移動平均線に接するあたりを狙います。 移動平均線を逆方向に突っ切るのも狙い目ですね

面倒な時は下がる前にテキトーにエントリーします

ちょっと長期の含み損になるリスクはあります

確かに含み損に当面なることが多いですが

かなりの高確率で戻ってきます

戻ってこなくても、5分割買いの一回目にすぎませんので、放置し次の買い場を狙います

トレンドフォローなら、2-3回目のエントリー後は

大きく戻ってくるフェーズが必ずきます

半分相殺できればほぼ勝ったも同然というのが、最近の私の精神構造です。当然相殺中も確定益は増やし続けます。それぐらい2回目以降のエントリーは勝ちやすいのです。

少なくとも1回目はかなり余裕を持った投下資金で含み損が当然、数ヶ月単位で長く持って大丈夫、大きく負けても保証金の1割強の損失ぐらいになるようにエントリーすべきです

少なくとも数日から一週間はホールドするつもりで保有して、一週間のうちに利益が出たら確定するという余裕が大事です。

それでも大抵は当日から長くて数日の保有がほとんどです

精神的余裕を持ち

含み損などいつも持っているもの

という程度のメンタルがちょうど良いのです

トレードは99%メンタルと1%の努力です

建て玉を一日中放置して含み損を受け入れる

不安になれば、少し利益出たところで、全部から半分利益確定し心に余裕を持って考える

そういったメンタルコントロールとチャートのテクニカル技術を融合させれば年利30-50%は全然夢ではないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大