Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日本個別株から撤退します

Pocket

先週は最後にエントリーをミスって損切り

3365円の利益でした

今年2番目に悪い成績です

含み損が75万円と過去最高タイの額に膨らんでおります

補償金に対する割合なら、まだ10%にも満たず、過去最高ではないですが、金額的には最高タイぐらいの額です。

安易なユーロ円売りの影響です

ちょっとこのところ利益が取りにくく、

不用意なエントリーを無駄に行う事が多く、メンタルを立て直す必要を感じます

日足と週足のトレンドがねじれており、こういうときは利益が出にくく、含み損が上昇します

短期的にはあきらかに円安、ユーロ高、ポンド高の局面であり、ある程度認識していたのに無理に売りエントリーをしてしまうのは大きな反省点です。

週足と日足のねじれ時に日足のトレンドフォローのエントリーは損切り設定は必須です。損切り設定を嫌がって、週足方向に固執するのは、ミスミス儲けのチャンスを逃しますので、今後修正すべきと考えています。

今となっては、大きく戻しを形成しており、今更本当に円安、ユーロ高、ポンド高方向でいいのか? 微妙になってきました。

逃した獲物は非常に大きく、落胆しています。

今後の糧にしたいと思います。

日本の個別株から当面撤退しました

ずっと保有してきた東京ベースを30万円の損切り、じげん も10万円の損切りです

先にNISSHAで35万円損切りしており、幾分プラスはありますが、日本株は今年は50万ほどマイナスでしょう。

FXで300万以上プラスですので、絶対に損益通算でき、税金分は取り返せるので、損切りし、FXに専念することにしました。

来るべき暴落時に、少量ずつ超有料大企業株か、TOPIXや日経225インデックス投資信託を買って、資産の5%ぐらいは保有してもいいとは思っています。

ただ、日本は期待薄ですね

個人の実質賃金が先進国中唯一この30年でマイナスという異常な状況で、経済に勝つなどあり得ないと思っています。 どうも日本の経営者や政治家は、企業は基本自転車操業でないと国家の経済は縮小し、結局自分の首を締めるという簡単なこともわかっていないように見え、とても投資する気になりません。

年功序列に固執し人材を求めず、働かない中高年を抱えていては生産性などあげようがないと思います。

逆に言うとそういう面のない企業は投資対象になり得ますが、日本社会の内需が活性化しないならやはり成長は抑えられます。また、この情況で、消費増税など自殺行為なのは間違いなく、複雑な税制というのも企業体力を奪います。いったい日本政府は誰のために政策決定しているのでしょうか?

日本企業を弱らせて得する人たちのダメではないかと疑ってしまいます。

そんなこんなで、当分個人的には日本に投資をする気になれないのが現状です。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大