Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

私のFXトレード手法

Pocket

先日FXのこの1年の売買成績を公開したところ、ペーペーブロガーとしては嬉しいことに少し反響がありました。固定ページに現在の私の手法をアップしておこうと思いました。

私がFX取引を恒常的にやり始めたのは2017年5月からです。その後2018年5月までの1年で106回取引して、78勝28敗 と勝率73.6%ですから良い方でしょう。ちょっとでもプラスなら勝ちとしています。利益もこの1年で34.9%とまずまずです。2018年3-4月にお試しでデイトレをしてみたところ10%近く損失を出しての利益率です。昨年はFXで利益が非常に取りにくい年で30%以上の利益を獲得したものは稀であるとどこかの雑誌か新聞で読みました。本当なら結構すごい成績だったのかもしれません。ただ、まだ実験段階で50万円しか投入していませんので、利益はおこずかい程度のものですが、投資資金を大きくしても同じメンタルでトレードできるなら勝っていけるような気がしてきています。

私の今一番手堅いと思っている手法を紹介いたします。

よかったら参考にしてください。

取引対象

安定した通貨でスワップポイントが高い通貨ペアで行います。私がフォローしているのは、米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル、豪ドル米ドルだけです。比較的安定している通貨のみで取引する意図があります。

私は

買いで 米ドル円、豪ドル円

売りで ユーロ米ドル、ポンド米ドル

を使用します。

取引は1通貨だけをお勧めします。同時に複数通貨取引するなら、資金を増やさないといけません。2通か同時に売買するなら。100万円必要です。

理由はスワップポイントが付くから、損害を被った場合でも少し損害が補てんされるからです。金利差があるという事は金利の低い通貨の価値が下がります。例えば米ドル円なら米国の金利が上がると、金利を0%に張り付けている日本との金利差が拡大し、ドルが買われ、円安になりやすくなります。米ドル円を買いでエントリーすればスワップポイントもつき、しかも円安で利益が出る可能性が高くなるわけです。あくまで可能性の話で、直近では金利差拡大しても円高が進みました。他の諸要因も関係します。しかし、その辺の細かいところは気にしないのが私のトレードです。

基本的に週足でトレンドをみて、日足、4時間足でエントリーを決めます。

かならず上位足のトレンドに沿った売買をします。4時間足でエントリーなら日足と週足のトレンドに従い。日足でトレードなら週足のトレンドに従います。(これを守らないと損失が出たときの塩漬け期間が長くなりますので重要です)

忙しい方は日足で行った方がよいと思いますし、色々試して日足でのんびりやるのが一番利益率が高いような気もしています。

長期トレンド足のトレンドの判断

私の長期トレンド足は週足です。日足基準のエントリーだけ月足のトレンドも見ます。

トレンドの基準はなんでもいいです。私は8週移動平均線の向きと24週移動平均線と48週移動平均線緒の向きだけで判断します。8週だけ方向が違う場合は短期的(4週前後)、8と24週移動平均線が同じ向きなら中期的(8-16週ぐらい)やや強いトレンド、全部同じ向きならかなり長期的(24週以上)なとても強いトレンドと判断します。

シンプルに生きたいなら一目均衡表の遅行線がローソク足の上なら上昇、下なら下降でもいいと思います。

資金投入計画

私は50万円の資金で1単位ずつエントリーを基本とします。自分の決めたエントリーポイントが来たら1単位エントリーしています。もし意図と反対に値段が動いて含み損がでても無視します。そして一通り下がって、再度反発サインがでたらさらに1単位エントリーします。これを6回ぐらいは繰り返せる資金的余裕がほしいと思いますので、50万円につき1単位x6回までぐらいを目安に資金を準備します。また、6回以上のエントリーも可能な現金は証券口座等にあったほうがよいと思います。(6回もエントリーしたことはないですが・・)

もし本当にお金持ちであれば、初回エントリー1単位、2回目2単位、3回目4単位、4回目8単位、5回目16単位、6回目32単位 などとするとほぼ負けないように思いますが、資金効率は恐ろしくわるいです。

エントリーポイントの判断

日足、4時間足、時々1時間足を使います。1時間足のエントリーは忙しい問いは行いません。

上位の足2つが(日足の場合は週足と月足)が同じ方向に向いていることが絶対条件です。

基本的に 買いは押し目だけ 売りは戻し売りだけです。

週足の方向に沿ったエントリーのみを行います。弱いトレンドでもよいか、より強いトレンドでもよいか?ルールは決めていたほうがいいかもしれませんが、私はいいチャートの形なら弱いトレンドでもエントリーすることもあります。

基本は反発サインを待ってエントリーですが、あまりに急な値動きの場合は暴落暴騰から一旦底で落ち着いたときはエントリーしてしまうときもあります(これは勇気がいりますが結構利益率が高い気がしています)

一番簡単なエントリーの目安は、エントリーを考えるスパンの足で一目均衡表の遅行線がローソク足をトレンド方向にブレイクした時です。

移動平均線を使用する場合は エントリーを考えるスパンの足で移動平均線 (8日、24日、48日 を使用しています)がすべてトレンド方向に転換して、かつローソク足がどれかの移動平均線に接して反発した時です。

これだけで判断してます。

損切

損切は基本しません。私の負けは、上記以外の手法を実験的に試して負けているのがほとんどです。あとはメンタルで負けて損切してしまったりです(その場合時間がたてば結局買っていることがすべてと思います)。最近2か月のデイトレで負けの半分以上稼いでしまっていますので・・・・

建て玉の積み増し

期待に反した方向に値が動き損失が出た場合は、次のエントリーチャンスで建て玉を1単位ずつ増やします。

2回目以降の積み増しエントリーの目途は、各種移動平均線の反発や遅行線のローソク足ブレイクです。値幅はそれなりに取った方がよいですが、明確な基準はありません。

利益確定

利益確定は一度大きく下がった場合は、ちょっとプラスになったら一度すべて清算し、もっと追いかけたい場合は1単位で再エントリーします。

本当の利益確定は、まあどこでもよいですが、基本的には4時間足でエントリーした場合は4時間足で下値(売りの場合は上値)抵抗線を割った時。急騰・急落して利益がのった場合は、一つか2つ下の足で下値(売りの場合は上値)を割った時としています。

本当に利益がのった時の利益確定後は絶対に再エントリーはしばらく行いません。チャートが落ち着くのを待ちます。

私の手法は本当にこれだけです。誰でもできそうですね。いろいろやってまだ実験中ですがこの手法はよほどの事件がない限り機能していますね。今のところ。

これだけで昨年からの相場で30%以上の利益がだせました。1年で倍とか狙う人はデイトレやスキャルピングを極めないといけないと思います。その場合、設備をしっかり整えないといけないし、本業が忙しい人は利益を出すことはデイトレでも無理です。私の手法だと、エントリーチャンスは月にそう何度もありませんが、特に設備をそろえる必要もありません。日足でエントリーを決めるなら、毎晩為替をチェックするだけ。1-4時間足を使う場合でも、スマホで時々為替チェックするだけです。

注意点

デフォルトする可能性のある通貨を買ってはいけません(売るのはありですが、スワップが大きくマイナスでしょうから、やはり投資対象になりません)。この手法は安定した先進国である米国と豪州の金利が比較的高いという現在の状況では非常に有効に機能すると思います。かなりのスワップポイントがつくので損をだしたときの損益分岐点がどんどん勝手に近づいてきてくれるので、損が出にくいのです。

最期に重要なのはメンタルです。勝つためにいちばん重要なのは 結局 メンタル につきるのだと思います。この手法も、際限なく損がでる可能性もあるわけです。かなり可能性は低いし現実的ではないですが、そこが怖いというならどんなトレードもFXはできないと思います。

下記のようなメンタルに気を付けてください、メンタルさえコントロールできれば、簡単なテクニカル手法でFXは勝てる気がしてきています。高額のテクニカル手法など本当にいるの?と 今は疑問に思っています。私はそういった高額なものは全く購入してません。本はいっぱい読みましたが、結局FXは株よりチャートが信じられるという結論になりました。

気を付けるメンタル

  • 最初に決めたとおりに動かない。
  • 利益がのってくると、もっと設けたくなってついつい売買頻度を揚げて無理なエントリーをしてしまう。
  • 大きいな含み損ができるとエントリーすべき時にできなくなる。
  • 利益確定後、さらに値がのびるのを見てつい再エントリーしてしまう。
  • 1通貨で取引と決めているのに、他の通貨にいいチャートの形がでたのでと2通貨同時売買をしてします。
  • 含み損がでると、怖くなってポジションを解消してしまう。

これらは意外なほど簡単にやってしまうものなのです。

資金に余裕を持ち、シンプルなルールに沿って、安定した通貨かつスワップをプラスの通貨を選び、日中為替を気にしないでよい手法を選べば、メンタルの補強ができます。そのために今の手法を作った(作ったというほどたいそうなものでもないですね)のです。

この手法は大きな損失が出るとしばらくプラスの取引ができません。ただ、それはそういう場所でエントリーしたペナルティだと思って、じっと耐えてください。大きく下げたら反発時にエントリーすれば、下げた分の半分戻しで元はとれます。スワップがプラスならそこまで戻さなくても元はとれます。負けない事を第一にしていれば、いずれどこかで大きく勝てますので、年間20%や30%は普通にいけるのではないかな? と今では達観してきました。もっと大きく稼ぎたい人には向かないと思います。

投資は、トレードは自己責任でよろしくお願いしますね。

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする